侵害 留保 説。 行政法講義ノート第04回

行政法講義ノート第04回

侵害 留保 説

まぁ、流石に 完全全部留保説は、さっき黒田さんが指摘したように、行政の機能不全の懸念があるだけに、 あまり支持されていないわ。 そのため、給付行政のように私人の権利を侵害しないような行政活動には法律の根拠が必要ないとしています。 第二に、行政の様々な活動が法律に反してはならないという原則を生む。 侵害留保説(判例・実務) 個人の権利または自由の侵害にわたる場合に法律の根拠が必要であるとする見解。 ということから、当該 条文は 根拠規範(作用法)に分類されるのよ。

次の

行政は法律に従わなければならないという基本原理と侵害留保説

侵害 留保 説

BはXに対し、工場の建設確認申請に同意しない旨を伝えた。 行政法 にいう法治主義とは、 行政は 法 に従って、行わなければならないという基本原則ですよね。 【図表3:法律の留保の範囲のイメージ】 3 法律の専権的法規創造力 文字だけ見ていると、何やらとっても難しい理論のような気がしますが、憲法を勉強された方ならすぐ理解できます、というか、すでに理解されています。 (2)給付活動以外の重要な政策決定を捨象して,給付活動に限定した「法律の留保」の拡張を図ることに合理性はあるのか疑問である。 そうなると残るのは、法的根拠がないので違法であるとする説である。

次の

侵害留保とは 一般のブログ記事を集めました

侵害 留保 説

立法府(国民の代表からなる)による法律であっても制約できない権利・自由が存在する。 国家2種試験での出題よりも特別区や市役所等で狙われやすいテーマでもある。 実質的法治主義こそが、 行政法 の一般原則にいう 法治主義ってことですね。 作用法上の授権の要否が、説によって異なる という理解ですよね。 そういうこと、そういうこと。 ここから先は、当分の間、行政作用法について勉強します。

次の

行政法の一般原則 法治主義・信義則

侵害 留保 説

』 一緒に、 環境省設置法3条もみましょうか。 判旨:最高裁判所第三小法廷は破棄差戻判決を下した。 しかし、同条は職務質問、すなわち特定の者に対する質問に関する規定であるから、犯罪の嫌疑の有無を問わない一斉検問を文言解釈によって導きうるはずもなく、類推解釈の許容範囲を超えていることも否定できない。 この判決において、租税関係に対する信義誠実の原則の適用を完全に否定していない。 概説 [ ] 行政は法律に従わなければならないという原理を法律による行政の原理といいの当然の帰結となるものである。 この用語と考え方は、非常に重要ですので、しっかりと頭に叩き込んでおきましょう。 上述の考え方に留まる考え方が 侵害留保説 であり、日本国憲法の下においても支持されてきた。

次の

法律の留保

侵害 留保 説

全部留保説に対しては根拠規範がない限り変化する行政需要に適応できなくなり、またはそれを回避するために包括的な授権立法をせざるをえなくなるといった問題が指摘されている。 その根拠が欠けているならば、民事執行によらざるをえない。 問 法律の留保の及ぶ範囲に関する学説のうち「社会留保説」にはどのような批判がなされるか。 だから、法律の専権的法規創造力を、法律の留保の原則に含めて、「法律による行政の原理は、具体的には、法律の優位の原則と法律の留保の原則の2つに表れる」ということもあります。 同事務所長は、本件土地および建物が地方税法第348条第2項第9号に該当するものと誤認し、本件土地および建物については非課税とする趣旨の決定を行い、通知した。 」 問 災害対策基本法は,「法律の留保」における侵害留保説の観点から問題はないか。

次の

「侵害留保説」について詳しく教えてください。

侵害 留保 説

結論は合憲となった。 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、9-10頁。 侵害留保説ともよばれています。 形式的には法律による行政の原理に適合する活動としても、その活動の目的が不当なものであれば、違法と判断されざるをえない。 (2)原則の妥当範囲の問題 ・侵害留保説: 国民の権利、自由を侵害する内容を持つ行政活動についてのみ、法律の根拠 が必要であるとする。 補助金の交付などの授益的行政活動については、法律の根拠は不要であるとする。

次の

行政法講義ノート第04回

侵害 留保 説

この場合でも私的権利の行使や私的活動が絶対的で無制約というわけではなく、立法による制約の対象となりうるが、ただそれが一定の限度を超える場合には違憲という判断を受けることとなる。 すなわち、ある行政活動を行 う権限を持たない行政機関は当該行政活動を行うことはできない。 問 法律の留保の及ぶ範囲に関する学説のうち「権力留保説」にはどのような批判がなされるか。 次へ 前へ. 塩野宏『行政法I行政法総論第4版』有斐閣、2005年、63頁。 じゃあ、実際どのような 法律が、この分類に該当するのか、ってことなんだけど。

次の