アメリカ インフルエンザ 死者 数。 死者1万人超、アメリカで「インフル猛威」のなぜ 2年前はなんと6万人以上が亡くなっていた

アメリカで「パンデミックじみた」インフルエンザの過去最悪級の流行が進行中。今シーズンすでに最大2万人が死亡しており、患者数は最大2100万人に

アメリカ インフルエンザ 死者 数

」 とあります。 ドイツ、韓国と並び、レベルの高い医療が機能している国では、よほど重篤患者が集中しない限り医療崩壊は起きないし、そもそもインフルエンザ以下の恐怖しかない新型コロナを、過剰に恐れる必要はないという論調には賛成です。 で、実際は「あれ?え?率が低すぎない????」ってのが現状。 ことに報告されているケースでは、何の既往症もなかった健康な30代の男性が犠牲になったり、陰性と判断された12歳の少年が数日後に急変して死亡したり、20代の女性が会社を早退して5日後に亡くなったりするなど、予測不能な事態に発展することもうかがわれる。 アメリカは30日で3000人亡くなったそうです ちなみに日本だと30日で20人ぐらいですね、死亡者数が全全違いますね 日本人は抗体を持っている恐れがあるみたいですよ、日本式BCGで抑制が出来ているかもしれないらしいです 人口はアメリカのが3倍ですが死亡者数が全全違うので、やはり日本は安全と言えるでしょうね イタリア イタリア って他国と比べるのはやめたほうが良いでしょうね、環境も免疫も違うみたいですよ ここまで日本の死亡者数が少ないと感染爆発は起こらないと言えると思いますよ ちなみにアメリカも医療体制はそこまで良くないですよ、日本は税金で医療費使いまくってますのでトップクラスです、規模と設備ですね。 3~29. 日本にこれほどの規制がマネできるとは思えませんが、それでも武漢を封鎖してから増加のペースが減るまでに2週間かかっています。

次の

www.examcreator.ocr.org.uk : 全米でインフルエンザの猛威続く 死者1.4万人、感染者2600万人

アメリカ インフルエンザ 死者 数

22によれば、受診患者1万人あたりの致死率が0~4歳=0. 誤嚥性の肺炎を抜いて、です。 受けないよりはずっとましだが、それでも完全武装にはならないのだ。 従って、そもそも医療体制に問題のあったイタリアが今回のような状況になるのは、時間の問題だったと考えられます。 欧米各国はまだその効果を検証できるまで期間が経っていないし、中国の数字は信用性が無い。 新型コロナが落ち着いても、手洗い・マスクくらいは積極的にしようとは思います。 歩けて、動けて、仕事にもおそらく行けてしまうし、軽いんですよね。

次の

アメリカのインフルエンザの過去死者数と感染者数がかなりヤバい事実

アメリカ インフルエンザ 死者 数

とめる方法がないのですから、もっと悪化するかもしれませんし、そうなったらそもそも医療が追い付かず致死率は上がるでしょう。 新型コロナウイルスへの対策の甘さは、安倍首相の春に習近平主席を国賓に迎えたいという思惑にあるのではないかとも報じられています()。 しかし、この方針は翌日には転換され、強く規制されています。 29追記 ) 各国が極度の自粛を行っています。 メディアが不安を煽れば煽るほど、マスクや消毒液が不足し、医療機関・介護施設に行き渡らなくなります。 考えてみろ! 少なくとも、亡くなった人の遺骨をさらしものにしたり、不安な日々を過ごす人たちに対して、いたずらに恐怖を煽ったりするようなことは、「報道の自由」ではないはずだ。 今にもあふれそうなコップの水が、それによって一気にあふれ出しそうだ。

次の

【なぜ報道されないのか?】アメリカのインフルエンザ2020の死者数・型は?

アメリカ インフルエンザ 死者 数

数字だけではない倫理的な問題も実際の現場では発生してます。 アメリカなど海外旅行時には保険が付帯のカードがあれば便利です!! 海外では、旅行時に見当もつかないトラブルに巻き込まれる場合もあります!!そして、前述したとおり国によっては医療費が相当高額な国もたくさんあります!! 国によっては、外国人が国民健康保険適用外の場合がほとんどでとにかく保険適用がない場合がほとんどです。 インフルエンザの患者が平気で電車の中にいたり、子供や老人があまりにも無防備に感じるからです。 その前に感染爆発したら、間違いなく医療が崩壊します。 ……と思ったら、収録は3月11日なのですね(そういう発言がありました)。 そして、肺炎とインフルエンザによる死亡率は7. 問題は、騒ぎすぎによる経済的打撃のほうが深刻なので、いづれ世間の論調は、コロナの問題から中心は経済の問題にシフトしてくると思います。 10万人のコロナ犠牲者を減らすために10万人の自殺者を出しては無意味だ、と言われておしまいです。

次の

新型コロナ: 「インフルエンザでも人は死ぬ」との比較※追記あり:IT's my business:オルタナティブ・ブログ

アメリカ インフルエンザ 死者 数

実は聞き慣れた病気、「インフルエンザ」のアメリカでの現状である。 当然、「それはインフルだって同じ」とお考えかもしれませんが、割合が違います。 1000万人が感染して1万人が死亡するインフルエンザと違い、 感染者の1割弱の人が亡くなっているのです。 感染症病床は増えましたが、それでも全国で2637床です。 周りから色々と説得されつつも、日本には一時帰国しませんでした。 これは低い数字でしょうか。

次の

「米国の感染者は最大2億1400万人、死者170万人」「病床が足りない」米CDCが描く悪夢とは(木村正人)

アメリカ インフルエンザ 死者 数

米クリーブランド・クリニックの感染症専門医Alan Taege氏は「インフルエンザの方が、新型コロナウイルスよりも感染力が強く、感染者数ははるかに多い」と話す。 また、 イタリアやスペイン、アメリカなどは日本に比べてハグやキス、握手などのスキンシップが多いため、急速に感染拡大したという指摘もあります。 なお死者はコロナで死亡した場合は肺炎症状により 死亡するはずで、その場合は検査が義務づけられており、死者に関しては計上漏れは無いと思われる。 今、ジョンソン首相は「」というメッセージを出しています。 CDCが新型コロナウイルスの検査対象を広げたわけは? 前述の記事ではCDCが新型コロナウイルスの検査対象を広げたのは、新型コロナウイルス感染症がアメリカ国内で蔓延している可能性があるため、と読み取れますが、実際にはそうではなく、これはCDCの検査体制が整ったことを意味しており、インフルエンザ患者の中に新型コロナウイルス感染症患者が紛れていることを懸念してのことではありません。 その存在は300年前から知られていてアメリカ建国や世界大戦など、世界史を動かしてきているといわれている。 既に複数の方が指摘していますが、 東京都知事や有名YouTuberが「若い人の感染者数が多い」と平気で間違ったことを言い、若者の自粛を呼び掛けていたのはとても残念です。

次の