スポーツ ニュース ゴルフ。 4大メジャースポーツに先駆けてのツアー再開でみせた米国PGAツアーの威信と信念(ゴルフネットワーク)

4大メジャースポーツに先駆けてのツアー再開でみせた米国PGAツアーの威信と信念(ゴルフネットワーク)

スポーツ ニュース ゴルフ

今季は1月にシンガポールで開幕戦を行って以降、新型コロナウイルスの感染拡大で国内大会は休止が続いていた。 7位発進のブライアン・ハーマン(米)は「違和感があった」、110位のライアン・パーマー(同)は「明らかにいつもと違う」と振り返った。 その10日後には、6月2週目チャールズ・シュワブチャレンジからのツアー再開と年内の大会日程、そして再開後4試合を無観客試合で行うことを発表しました。 PGAツアーのチャレンジは、他のメジャースポーツや日本のプロゴルフ界にも大きな影響を与えることでしょう。 選手、キャデイ、関係者への検査義務化はもちろん、ピンやバンカーレーキなどコース内外の備品の除菌・消毒、会場内でのアクセス制限、バーチャルメディアセンターの開設、専用の移動チャーター機や滞在ホテルの手配、会場へのPCR検査車両導入など、ガイドラインにおける徹底ぶりと感染症対策の規模感は、ザ・プレーヤーズでみせていたものとはまた違った形の「威信」をみせました。 ザ・プレーヤーズは「第5のメジャー」とも称されるPGAツアー主催の旗艦大会で、その規模や出場選手のレベルの高さはツアートップクラス。 無観客で行われたツアー再開初戦は、大観衆の前で競技することに慣れた一流ゴルファーにとって戸惑いもあったようだ。

次の

男子ゴルフ 国内開幕戦は8月の「長嶋茂雄招待セガサミー・カップ」の見通し 観客入れた通常開催も視野― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

スポーツ ニュース ゴルフ

男子ツアーは賞金シードの上位65人や下部ツアーの賞金ランク上位者、ツアー出場予選会の上位者ら出場資格保持者の半数近くが外国人選手だ。 開催から無観客試合、そしてツアー中断という判断が一両日中になされるという急展開ではありましたが、選手たちのコメントは概ね「残念ではあるがツアーの決定を尊重する」というものでした。 関係者によれば観客を入れた通常開催の形も含め、開幕に向けた準備を進めているという。 同大会は昨年、石川遼が自身初の2大会連続優勝を飾り、大会名誉会長の巨人・長嶋茂雄終身名誉監督から祝福を受けるなど大きな注目を集めた。 「安全な環境を関係者に提供できないと判断した場合は大会を開催しない」「大会を開催する地域の検査キットや医療資源を奪うような検査プランは実行しない」という原則のもと、選手、キャディ、スタッフ、メディアの安全を第一とする対策を準備してきました。 しかし、3月11日にNBAプレーヤーのルディ・ゴベール(ユタ・ジャズ)の新型コロナウイルス感染とNBA中断が報じられると、状況は一変しました。 jpg? 当初は6月再開に懐疑的な声も聞かれていたなか、5月には選手たちもチャリティイベントでツアー再開への流れを後押しします。

次の

4大メジャースポーツに先駆けてのツアー再開でみせた米国PGAツアーの威信と信念(ゴルフネットワーク)

スポーツ ニュース ゴルフ

もちろんすべての懸念が消えているわけではありません。 11日、米国男子プロゴルフツアーのPGAツアーがチャールズ・シュワブチャレンジ(11日~14日/コロニアルCC/テキサス州)よりツアーを再開、MLBやNBAなど米国メジャープロスポーツの先陣を切る形で始まります。 再開に先駆けて、PGAツアーは7日「PGAツアー シーズン第2章に向けてのストーリー」と題し3月のツアー中断から今日に至るまでの経緯と準備についてのリリースを配信しています。 女子も外国人選手は少なくないが、日本女子プロゴルフ協会はそうした選手の救済を目的に公傷制度の採用を決めている。 賞金総額1500万ドル(約16億円)優勝賞金270万ドル(約2億8000万円)という賞金額はもちろん、コースに100台以上のカメラを導入して全組全選手のプレーを撮影するなど、まさにPGAツアーが威信をかけた大会です。 外国人のシード選手が出場できない場合、獲得賞金額に応じたシード権争いの公平性の問題なども出てくる。 男子ゴルフツアーの国内開幕戦が「長嶋茂雄招待セガサミー・カップ」(8月20~23日、北海道・ザ・ノースカントリーGC)となる見通しであることが分かった。

次の

4大メジャースポーツに先駆けてのツアー再開でみせた米国PGAツアーの威信と信念(ゴルフネットワーク)

スポーツ ニュース ゴルフ

それでも、PGAツアーは強い信念のもと、チャールズ・シュワブチャレンジからのツアー再開を「威信をかけて」準備してきました。 「ホワイトハウスとフロリダ州知事の事務所が予防的措置を支持してくれている」というコメントに続き「しかし、状況は変わる可能性がある」と含みも持たせたその8時間後、現地時間12日夜にPGAツアーはザ・プレーヤーズを含む4試合の中止を発表しました。 特に外国人選手たちにとっては、そもそもの感染の不安に加えて、再度米国で感染拡大が起きた場合に帰国に大きな支障がでるリスクも考慮すると、出場の判断は難しいものになります。 大会には世界ランキング上位5名の選手がすべて出場し、予選ラウンドではそのトップ3であるマキロイ選手、ジョン・ラーム選手(スペイン)、ブルックス・ケプカ選手(米国)が同組でプレーするなど、高い注目を集めています。 女子に続き男子も徐々に再スタートの態勢を築きつつある。

次の

4大メジャースポーツに先駆けてのツアー再開でみせた米国PGAツアーの威信と信念(ゴルフネットワーク)

スポーツ ニュース ゴルフ

しかし、現在は感染予防の入国制限で、外国人選手の出場が難しい状況。 それは、世界中からプロスポーツが消えたなかで一時のライブスポーツエンターテイメントであるとともに、「ゴルフ」というスポーツの魅力と可能性を改めて示しながら、医療従事者支援の多大な寄付金とテレビや配信での視聴数を集めることに成功しました。 13番でホールインワンを達成したカン・スン(韓国)は、ギャラリーの反応がないため、すぐに自身の偉業に気づかなかった。 イングランドのトミー・フリートウッド選手やオーストラリアのアダム・スコット選手は当面出場を見合わせるとし、日本の松山英樹選手は渡米はしつつも再開初戦の出場は見送り、小平智選手も渡米するタイミングを図っている状況です。 yomiuri. それでもPGAツアーは、メディカルチームや政府機関とも連携しながら、ザ・プレーヤーズの開幕にこぎつけます。 男性が首を圧迫された8分46秒間に合わせ、午前8時46分から約1分間、選手、キャディー、関係者らが競技を中断した。 関係者によれば男子ツアーを統括する日本ゴルフツアー機構(JGTO)も20年と21年シーズンを統一する方向で検討しているもよう。

次の

男子ゴルフ 国内開幕戦は8月の「長嶋茂雄招待セガサミー・カップ」の見通し 観客入れた通常開催も視野― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

スポーツ ニュース ゴルフ

昨年10月、タイガー・ウッズ選手(米国)が日本初開催のZOZOチャンピオンシップで歴代最多勝記録に並ぶ通算82勝目を挙げ、今年2月には北アイルランドの英雄ローリー・マキロイ選手が世界ランキング1位に返り咲くなど、4月マスターズ以降のメジャーシーズンに向けて順調に盛り上がりをみせながら迎えた3月のザ・プレーヤーズチャンピオンシップ(TPCソーグラス/フロリダ州)1日目を終えたところで、PGAツアーは新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、ツアーを中断することを決定しました。 グリーン近くまで歩いたところでカップインを知り、「(関係者が)ほんの数人だけ拍手をしていただけで、実際、そこには誰もいなかったから」と驚きを語った。 2月上旬、米国では約3億3千万人の人口に対して数名の感染者だったのが、ザ・プレーヤーズが開幕する3月には、死亡者約20名・感染者数1200名以上と明らかにパンデミックの兆候を示し始めていました。 ただ、クリアしなければならない問題もある。 まずはこのチャールズ・シュワブチャレンジが無事に72ホールを完遂し、今後のスケジュールが順調に消化されていくことを願うばかりです。 大会初日は過去最多となるギャラリー数を動員し、日本の松山英樹選手がコースレコードタイとなる「63」をマークして単独首位に立つなど盛り上がりをみせたその裏で、PGAツアーコミッショナーのジェイ・モナハン氏は、2日目以降を無観客で行うことを発表します。

次の