西日本 新聞 かんぽ。 局員68人を厳重注意 かんぽ不正販売問題(西日本新聞)

局員68人を厳重注意 かんぽ不正販売問題(西日本新聞)

西日本 新聞 かんぽ

(宮崎拓朗). 西日本新聞社. 厳重注意以外では、542人について不正の度合いなどを考慮して処分を免除したという。 西日本新聞がこの実態を報じたところ、郵便局員からさまざまな告発が送られたました。 不適切販売 詐欺 を知りながら黙認 などが報告されています。 会社員の立場である局員は本来支給の対象外だが、そこには給与形態上の特殊な仕組みがある。 どのようにして契約者を言いくるめたのかは分かりませんが、「無保険期間ができてしまうことを伝えなかった」可能性が考えられます。

次の

局員68人を厳重注意 かんぽ不正販売問題|【西日本新聞ニュース】

西日本 新聞 かんぽ

分社化した各社に自立するよう求めた。 不必要な保険の乗り換えで保険料を上昇させた• 病気が見つかり契約解除され、保険金が支払われない• 日本郵便は「件数は把握していないが、社員が営業実績を上げるために、一般契約で加入している事実が確認できたため制度変更した」とコメントした。 全国の郵便局と社員に販売目標が課せられているが、目標達成を優先し、販売成績の良い社員が少々間違ったことをしても問題視されなくなっていた」 「かんぽ生命は保険販売を郵便局に依存しているのに、販売の仕組みをかんぽが一方的に作っていることも問題だ。 追加調査では、これまでに局員75人を保険営業資格剥奪の処分にしたと発表している。 かんぽ生命不正の内容をわかりやすく解説 かんぽ生命不正のまとめとして、6つのポイントを紹介しました。

次の

かんぽ、払い済み後に契約乗り換え5万件 局員が実績稼ぎか|【西日本新聞ニュース】

西日本 新聞 かんぽ

他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。 そうした疑惑が関係者の間で広まっていることを受けて、日本郵便が調査を始めた。 不必要な保険の乗り換えで保険料を上昇させた• 職員の利益のために保険料の二重支払いをさせた• 優先的に実施してきた約18万3千件の「特定事案」については、法令違反と社内規定違反が確認された契約が22日までに計3608件に上った。 多くの場合、高齢者は契約内容を十分理解しないまま加入していた。 「新型コロナとの因果関係がない事業収入減については、支給要件を満たさない。 契約者の多くは高齢者であり、万が一この3ヶ月の間に病気で入院することになってしまった場合、何のために保険に加入していたのか分からなくなる危険な行為です。

次の

かんぽ、払い済み後に契約乗り換え5万件 局員が実績稼ぎか|【西日本新聞ニュース】

西日本 新聞 かんぽ

関係者によると、かんぽ生命保険の不正販売問題が発覚して以降、局員が営業ノルマ達成のために自腹契約するケースが、社内で問題になっていたという。 ノルマ未達成者への公開恫喝• その中に 「保険のノルマが最もきつい。 しかし制度の縛りがあり壁にぶつかった」 -かんぽ生命とゆうちょ銀行の株式売却を進めれば、経営の自由度は高まっていたのではないか。 1つめと似ていますが新しく契約を結び直すときに、「職員は私の持病などを分かっていて勧めてくれているだろう」と思い込み、持病などの告知を怠ってしまうケースです。 誰もが利用しやすいのがゆうちょ、かんぽであり、生活基盤として維持するのは当然だ。 増田氏はまた、日本郵政グループ4社で、新型コロナウイルスに感染した社員は31人に上ると明らかにした。

次の

局員68人を厳重注意 かんぽ不正販売問題|【西日本新聞ニュース】

西日本 新聞 かんぽ

かんぽ側に質問したところ、(1)保険料が支払えない若い独身の子どものために掛ける(入院保険金の受取人は被保険者である子どものため)(2)被保険者に生計や老後を委ねている契約者が、被保険者の死亡後に保障を必要とする-の2例を挙げた。 日本郵政グループは昨年8月から、乗り換え契約の際に新旧の保険料を二重払いさせるなど顧客の不利益が疑われる約18万3千件の「特定事案」を調査しており、今年5月末時点で1889人の不正が確定した。 75人を業務廃止処分として保険営業資格を剥奪し、2人は厳重注意処分にする方針。 2つは「病気が見つかり契約解除され、保険金が支払われない」ことです。 かんぽ生命の社員が顧客宅を訪問したり、電話したりして不利益が確認されれば保険料の返金などで対応している。

次の

自動車保険も「自腹防止」 日本郵便が規定変更、営業実績の対象外に(西日本新聞)

西日本 新聞 かんぽ

かんぽ生命不正で職員のもらえる手当金や被害は? かんぽ生命の不正が行われた理由には職員のノルマ・営業成績を達成するため、そして契約件数に応じて支給される手当金目当てに契約者の命をなんとも思わないこのような凶悪な事件が当たり前に行われ続けていました。 2つは「特約の切り替えで対応可能なのに不利な契約変更」をさせられたことです。 新しい保険に乗り換えた場合、旧保険の権利を失い、解約手続きに伴う損失も発生する。 かんぽ生命不正発覚のきっかけやSNS禁止の理由は? かんぽ生命不正発覚のきっかけはなんだったのでしょうか? また、かんぽ生命の職員に対してSNS禁止の命令が下された理由について見ていきましょう。 今後、他の局員の処分を進める。 では、具体的にどんな高齢者がこうした契約を希望したというのか。 ただ、減収が新型コロナと全く無関係と言い切れない側面もある。

次の