アウディ a4 セダン。 アウディ独自のメカニズムが光る、5代目アウディ A4セダンの魅力とは?!

”新型アウディA4”2019年にマイナーチェンジ!内装・後部座席を公開!

アウディ a4 セダン

トランスミッションはFFモデルに無段変速マルチトロニック、4WDにマニュアルライクな操作が可能なティプトロニック式5ATが組み合わせられる。 快適なドライブが楽しめるオトナなクルマ…Cクラス 続いてテストしたのはメルセデスベンツ「C200 アヴァンギャルド」。 4TFSI』が、ハイビームアシストを省略、スポーツバンパーに対しノーマルバンパー、17インチタイヤ&ホイールに対し16インチ、前席シートの調整が電動ではなく手動、など簡素化されているくらいです。 車種の特徴 「A4」は、1995年10月にデビューした3ナンバーサイズのワイドなボディを持つFFベースの4ドアセダンです。 2008年の導入以来、高い人気を誇る「A4」シリーズは、セダンタイプの「A4」と、ステーションワゴンの「A4アバント」の2タイプ。 マルチトロニックは、7段階の変速レシオが設定され、7速ギアのトランスミッションのように作動する。

次の

Audi A3 Sedan > アウディジャパン

アウディ a4 セダン

全長4. 5) ・S Four Cパッケージ(2. A4は長距離向き、A3セダンはシティユース向きとお伝えしましたが、A3セダンで高速道路を走ってももちろんアウディならではの乗り心地の良さは健在。 Audi A4 2. エクステリアは専用デザインのフロント・リヤバンパーを用意、インテリアは専用スポーツシート、アルミニウムのデコラティブパネルなどが装備され、メカニズムでは、クワトロGmbH製のS-lineサスペンションが装着され、よりダイナミックな走りを実現する。 0TFSIに「quattro 4輪駆動システム 」を搭載させたのが、このグレードです。 0TFSIスポーツ」、「2. トランスミッションはFFモデルに無段変速マルチトロニック、4WDにマニュアルライクな操作が可能なティプトロニック式6速ATとなる。 A3スポーツバックのボディ寸法はセンチメーター単位でしか発表されていない。 35 TFSI• 2Lガソリン:16. 通常のエアコンだと「寒い」という人と「暑い」という人と両方いて、どちらかが犠牲になってしまったところ、このエアコンなら両方の願いを聞き入れることができるという利点があります。

次の

【アウディ セダン】Audiセダン全車種を比較紹介!A・S・RSの違いとは?

アウディ a4 セダン

9 22,400,000 S8 plus4. 車庫入れのアシストをしてくれるパークアシストなども設定可能です。 エントリーグレードということで価格の安さに目が行きがちだが、実際に触れて乗った印象はどのようなものなのだろうか。 0SEは左ハンドルを設定。 今回、「2. 0Lエンジンを積んでいたが、いまは4気筒2. トヨタとアウディのこだわりを感じるエクステリア比較 トヨタ新型クラウン トヨタ クラウン 15代目 RS Advance 2. エクステリアは、スポーティなS lineエクステリアに、マットチタンルックとV型5スポークのポリッシュ加工が印象的なAudi Sport 19インチホイールを組み合わせ、さらにLEDヘッドライトとリアコンビネーションライトを装備。 緻密に計算されたディテールが、プレミアムミッドクラスの新たな基準を表現しています。 ぜひ、カタログや店頭での試乗で、それぞれの魅力を感じてください!. 右ハンドルのみの設定。

次の

アウディのベスト小型セダンはどっちだ?A4とA3を徹底比較

アウディ a4 セダン

3ゾーンオートマチックエアコンディショナー• またオプション装備を含むものもあります。 0 TFSI スポーツ• アウディA4は、アウディのミドルクラスとしてラインナップされ、セダンのほか、ワゴンの「A4アバント」、スポーツモデルの「S4」「RS4」などをラインナップし、人気モデルになっています。 A3セダンよりも一回り大きいので室内も広々としており、同乗者も快適に過ごせます。 スポーツ走行をほとんどしないという方にこそ、オススメのグレードです。 【RS4アバント】 V型6気筒2. 0TFSIクワトロは、パドルシフト付きの3本スポークスポーツステアリングを採用した。 9Lガソリン:8速オートマチック• 一方でアウディは「おしゃれな車」を作っているように見えるかもしれませんが、A4は洒落ているだけではありません。

次の

新型アウディA4(アバント)2019はマイナーチェンジの違い・変更点は?

アウディ a4 セダン

ミッションをマルチトロニックとする「1. 3kgm• Cd値は0. フロントアクスルやステアリングギアボックスの搭載位置を移動させてフロントのオーバーハングを短く、ロングホイールベース化することにより、前後重量配分を最適化すると同時に乗り心地の向上、そして歩行者保護の向上も同時に実現した。 今回、TFSIガソリンユニットは、過給システムと直噴方式を採用し、スタートストップシステムとエネルギー回収システムをすべてのモデルに標準装備。 トランスミッションは7速Sトロニックを用意。 4TFSIエンジンを搭載した「1. 8T ダイナミックライン• 8Lエンジンを採用しています。 9kgmのパワーとトルクをそれぞれ発生する。

次の

アウディ独自のメカニズムが光る、5代目アウディ A4セダンの魅力とは?!

アウディ a4 セダン

S3セダンは、A3セダンのスポーツモデルです。 TV フルセグ• また、期間限定特別仕様車「ラグジュアリーライン」と「ダイナミックライン」を各グレードに新設定し、それぞれのベースモデルに特別装備を組み合わせた。 ヘッドライニング ブラック• 車両本体価格、オプション価格は変わる場合があります。 4L、直4が2Lと1. 4TFSIを選ぶでしょう。 ミッションは1. ウォークスルー• 全モデル右ハンドル設定に加え、2. 今回、エクステリアデザインや機能面を充実させた特別仕様車「35TFSI マイスターシュトュック」、「40TFSI マイスターシュトュック」、「45TFSI マイスターシュトュック」を設定。 4 TFSI sport S tronic:5,440,000円• A4シリーズは2019年型でもデザインの変更を含む改良を受けていましたが、2020年型の新型A4ではさらに大きくデザインや機能をアップ。

次の