拝読 させ て いただく。 「拝読させていただく」が二重敬語でなく正しい理由

敬語について、教えてください。

拝読 させ て いただく

また「拝聴」によく似た表現に「清聴」という言葉があります。 先ほどの資料はもう読まれましたか。 上司なり目上の相手に「~してもらう」という意味ではなく「自分が~することをもらう」という意味不明な日本語になります。 残念ながら・・・ 「あ〜こういう人だったのね」と思われて心の中でがっかりされておしまい。 「拝読します」の意味合いで「拝読させていただきます」を使うのは、すでに敬語の 「拝読」にさらに敬語の 「いただきます」があるので、 二重敬語になっています。 そこで、質問です。 ~~して欲しい。

次の

敬語について、教えてください。

拝読 させ て いただく

まずは結論。 したがって、「拝聴させていただく」だけでなく、「拝聴いたします」も間違いとなります。 蛇足ですが、「お食べください」も間違いで「お召し上がりください」が正解。 ビジネスシーンでは上司や取引先から頂いた資料に目を通す際「拝読する」という敬語を使用する ビジネスで目上の人と話をするときは、緊張して正しい敬語が使えないこともあるでしょう。 それなのにこの使い方だと「 記事を読ませてもらったよ、許してね」というようようなニュアンスになります。 「査収」は「よく調べた上で受け取ること」を意味しています。

次の

「読む」を尊敬語にすると?便利な言い換えや謙譲語と丁寧語も

拝読 させ て いただく

しかし、文法的には間違っている表現ですが、現在では一般的に使われている表現で、辞書にも拝見の使用例として載せられています。 読むことにたいして上司なり目上など相手の許しを得なければいけない時に「 恐れ多くも読ませてもらったけど、許してね」「 読ませてもらったけど、いい?」のようなニュアンスでつかいます。 しかし世の中には、もちろん正しい敬語表現を知っている人もいます。 したがって、「拝読いたします」「拝見いたします」で十分です。 丁寧語は「読みます」 「読む」の丁寧語は、「読みます」です。

次の

「拝見させていただく」は二重敬語!正しい敬語では何と言う?

拝読 させ て いただく

なので敬語となるわけですが、より丁寧に表現するのであれば「ございます」という言葉に変化します。 このように、ひとつの言葉に同じ種類の敬語がついたものを「二重敬語」と呼び、文法的には誤りとされています。 避けるべきと言われていますが、それだけでは間違いと言う訳ではないです。 それ以外はありません。 「尽力」などは、自分のことにはあまり使わないし、傲慢な感じ(押し付けがましい感じ)がすると思います。 だからどれが正しいとか間違いとかは結局のところあまり気にしなくてもいいんじゃないかと思います。 「見せ・ていただきます」 の場合は、使役の助動詞をつかっていません。

次の

拝見させていただくは二重敬語?正しい使い方|履歴書

拝読 させ て いただく

「拝聴します」が、正しい敬語です。 タクシーなどでは、やはり、運転手後ろ、奥まった席が上位者というふうに考えているが、正式にはどうなのであろう。 ・・・てよい 連絡してよい。 例えば、XからYにモノが移動するとします。 例えば、「拝読」という言葉を使わずに「読ませていただきました」と言い換えてもなんら問題はないわけです。 使役の助動詞「せる」(五段活用・サ行変格活用の動詞の未然形に接続)「させる」(五段活用・サ行変格活用以外の動詞の未然形に接続)を使った場合、 五段活用の動詞「読む」に接続させて表現する時には、 「読ま・せ・ていただきます」 のように「読む」の未然形「読ま」に接続させて、「せる」の連用形の「せ」を用います。

次の

拝見させていただくは二重敬語?正しい使い方|履歴書

拝読 させ て いただく

yahoo. 本日は、久しぶりにご家族の元気なお姿を拝見し大変うれしく思います。 しかし、場面によって使い分けることをせず、させていただくを多用してしまう「させていただく症候群」の人が少なからず存在します。 敬語って難しいですね。 それの延長で、自分が相手の家来になったつもりで「~させていただく」と表現するわけですね。 「いただく」は「もらう」の謙譲語で、全体的にもたぶん問題は無いと思います。 来客に No. そのため、一方的に誰かの本を読んだ時に使うと不自然になります。

次の

ビジネスにおける「読んでいただけます」の意味と使い方、「読む」の敬語表現を解説!

拝読 させ て いただく

文化庁審議会が2007年に出した指針により、「相手からの褒めや賞賛などを軽く打ち消す時に「とんでもございません」を使うのは問題ない」とされたとのこと。 ひとつの語に同じ種類の敬語を2回つかうことが二重敬語であり、敬語のマナー違反になります。 非常に興味深い内容とその文面の面白さにつられてとうとう読み上げてしまいました。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 「お目通し」は「目を通す」を丁寧にした言い方で、ビジネスシーンでも活用できます。

次の