と ある if キャラ 評価。 【ドラゴンボールレジェンズ(DBL)】リセマラ当たり最強SPキャラランキング

【グラクロ】最強キャラランキング(最新版)|最新キャラの評価は?【七つの大罪】

と ある if キャラ 評価

自身でも火力を維持出来るが、やや火力不足な点はネック。 ただし サイヤ人と混血サイヤ人はキャラが多いとはいえ、それ以外へのダメージアップが見込みにくい為に火力重視というでは若干他キャラに見劣りしてしまう面も。 ・専用武器の凸が進んでなくとも十分戦える• 究極アーツを使用する事で短い時間だが、属性相性の不利を無効化も可能。 優秀な能力が混在している為、使い辛いキャラだがドラゴンボールを奪う事が出来るのは強力。 メインアビリティでは 敵の攻撃終了後に自身の火力をアップし、 自身がアーツカードを使う度に敵に対して被ダメージアップの効果を付与。 ・敵の回復量低下、被ダメ増加も可能• ・専用武器でクリ率を上げられる• 必殺アーツは40%で麻痺効果と意外に優秀だが、上位層には大きく劣る。 フェリクスやアロイスと並んでゲーム中2位である。

次の

【キンスレ】最強キャラランキング|コンテンツ別評価【キングスレイド】

と ある if キャラ 評価

0 9. ・T5闇でもランダムな味方のCTを減少できる• 15位:ヒット キャラ性能&個別評価 変身有りのキャラを除けばトップクラスの打撃攻撃力を誇る。 ・スキル3で攻撃力を低下できる• 弟:強力な専用武器で、兄より1歩ひいて戦う戦士。 5 バトル 10 バトル 9. ・スキル2でシールドを付与• 文句なしに優秀なキャラ。 ・確率で通常攻撃で敵全体に防御無視攻撃• 敵次第ではあるが、火力が上がり続けるのは大きなメリットといえる。 5 10 攻撃型 6. 火力面だけで見ればシンプルに強力。

次の

【とあるIF】キャラ評価一覧

と ある if キャラ 評価

・0マナでデバフ解除できる• ・SWでHP回復もできる• 敵のコストを上げて手数を下げつつ、自身の手数を増やせるので戦況を大きく優位に出来る。 5 アシスト 8 アシスト 8. 超サイヤ人トランクス:青年期 キャラ性能&個別評価 カバーチェンジ時に40%ダメージカットを獲得しつつ、与ダメアップも獲得。 5点 星2 5. その他、 孫悟空に対しては常時25%の与ダメアップを獲得出来ている。 ・共闘ショップで覚醒結晶が集まる• 姉:飛行ユニット。 フリーザ軍縛りだと自身の火力アップも得られる為、被ダメアップの効果と相まって期待出来る火力になる。 シンプルに攻守が高く、難しい操作が必要ない点も魅力。

次の

【このファン】全キャラ評価一覧【このすばアプリ】

と ある if キャラ 評価

レア度や属性、習得ジョブ、各キャラのコンテンツ別の評価点をまとめています。 75pt 超強力だが育成コストもトップクラス。 防御力の高い防御タイプの上に、これがあるおかげである程度のダメージにも期待。 ・編成に応じて開幕のスキルを変更できる• しかしアビリティ効果で 自分以外の味方に被ダメ30%アップのデメリットも保有。 ユニークアビリティでも 射撃アーツを打撃アーツに変換したり、 打撃与ダメージ35%アップなど打撃に特化したスキルを保有。 シンプルで使いやすいキャラだが、上位キャラに比べるとやや見劣りする部分も。

次の

【タガタメ】辛口評価!リセマラで絶対後悔しないキャラまとめ【誰ガ為のアルケミスト】

と ある if キャラ 評価

・火力運用で奇襲もできる• ・スキル2でデバフ解除が可能• フローラ メイド ダークマージ マーシナリー 同職の二人より力・防御・技で優れる。 特殊アーツで回復を行えたりと、攻守において優秀なキャラ。 その為、変身条件が整ったと同時に変身してしまって構わない。 ・必殺技で大威力物攻• ・手動向けだがオートでも十分強い• 同時に敵全体に交代禁止を付与する事で火力が高いままタイマン勝負に持ち込める。 超強いけど思ったよりは使わない。

次の

【FFRK】キャラ評価一覧【ファイナルファンタジーレコードキーパー】

と ある if キャラ 評価

アクア 歌姫 天馬武者 味方を再行動させられるキャラ。 5 8. 5 アシスト 9 アシスト 9. は絶望的。 一応転職もできるが、獣石が優秀な武器なので、そのままでも終盤まで行ける ギュンター グレートナイト ドラゴンナイト マーシナリー マイユニットの後衛としては非常に優秀。 この効果は消去不可となっており、 4回交代と手間がかかるが長期戦では非常に役立つ。 5 アシスト 8. 恐らくZENKAI覚醒対象にも今後ならないだろうキャラなので、外れ枠といえる。 アタッカー役や敵の妨害役もこなせる優秀なキャラだ。 25pt 恒常だけど欠片入手が渋い。

次の