ダイハツ コネクト。 ダイハツコネクトとは|つながる見えるサポートするダイハツ新コネクトサービス

安全安心機能|ナビ&オーディオ【ダイハツ】

ダイハツ コネクト

ダイハツコネクトアプリを インストールすることで、もしもの時の安全・安心を提供する「つないでサポート」、クルマとドライバ ーを見守る「見えるドライブ」、クルマの状況をスマートフォンから確認できる「見えるマイカー」、クルマのメンテナンス管理をサポートする「つないでケア」の4つのサポートを使用可能となる。 車の位置情報通知や事故・故障時のサポートも行うことができるスマートフォンアプリで、ディスプレイオーディオにはカーナビの機能を追加することも可能となります。 大径17インチタイヤまたは16インチタイヤを採用。 「見守り者」とは、クルマやドライバーの状況を離れた場所から確認できる方のことです。 燃料残量や電子キーの電池残量(少量時のみ)、航続可能距離、積算距離、平均燃費など、エンジンOFF時点における最新のクルマの状況も自動で記録し、ダイハツポートのマイページで確認できる。 SDL(Smart Device Link)に対応していないアプリは、ディスプレイオーディオへの表示や操作ができません。 ダイハツコネクトは、クルマとスマートフォンを連携させることで、手軽にコネクトサービスを提供する新サービス。

次の

ダイハツが「ながらスマホ」撲滅に本気!? 新型ロッキーから提供開始の新サービスとは

ダイハツ コネクト

「正直、軽自動車だとプラス5万円でも高い買い物と捉えられがちで、普及するか不安でしたが、高齢の両親のために子どもが『その5万円分は私が出してあげる』といって装着するケースなどもあるなど、弊社としても想定外の広がりを見せました」とダイハツの関係者は振り返ります。 つないでケア 車検や点検、リコールなどの車両メンテナンスに関する情報を、コネクト対応車載機に表示し、スマー トフォンへメールを自動送信。 車種により表示が異なる場合があります。 「Apple CarPlay」は、米国およびその他の国で登録されたApple Inc. Apple CarPlayをサポートする機種および対応アプリ、接続方法につきましては、()でご確認ください。 標識認識機能 進入禁止の標識をステレオカメラが検知すると、メーター内表示でお知らせ。 メディアの状態によっては再生できない場合があります。 すでにダイハツコネクトをご利用の方へ ダイハツコネクトを使用する上での注意事項 ダイハツコネクトを使用する場合、スマートフォンの機種によっては使用できないことや、USBケーブルが必要になることがあります。

次の

ダイハツがつながる安心「ダイハツコネクト」を提供 まずは2019年内発売予定の新型車に搭載 【ニュース】

ダイハツ コネクト

事故や故障の際に、事前登録しているメールアドレスへも自動でメール送信を行うので、家族や大切な方の不安な状況をいち早く確認でき、ドライブ時の安心感を向上する。 ダイハツニュースリリース ダイハツコネクト. ダイハツコネクトアプリを インストールすることで、もしもの時の安全・安心を提供する「つないでサポート」、クルマとドライバ ーを見守る「見えるドライブ」、クルマの状況をスマートフォンから確認できる「見えるマイカー」、クルマのメンテナンス管理をサポートする「つないでケア」の4つのサポートを使用可能となる。 ダイハツコネクトは、年内に発売予定のDNGA第2弾となる新型車から採用予定。 車種により表示が異なる場合があります。 駐車のガイド線がハンドル操作に連動。 航続可能距離• 東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧は ディスプレイオーディオは、2019年9月に日本で発売開始となったトヨタ新型「カローラ」の全グレードで標準装備となった。 ドライバーやその家族などのスマートフォンにダイハツコネクトアプリをインストールすることで、もしもの時の安全・安心を提供する「つないでサポート」や、クルマとドライバーを見守る「見えるドライブ」、クルマの状況をスマートフォンから確認できる「見えるマイカー」、クルマのメンテナンス管理をサポートする「つないでケア」の4つのサポートを使用可能とした。

次の

‎「ダイハツコネクト」をApp Storeで

ダイハツ コネクト

車検や点検、リコールなどの車両メンテナンスに関する情報を、コネクト対応車載機に表示し、スマートフォンへメールを自動送信。 故障対応サポートでは、故障警告灯が点灯すると、コネクト対応車載機に警告理由が表示される。 駐車支援機能「スマートパノラマパーキングアシスト」 軽自動車初 左右のカメ ラが駐車枠の白線を検知し、音声と画面ガイドに加えて、ステアリング操作をアシスト。 ダイハツコネクトに必要なもの ダイハツコネクトを作動させるには、ダイハツコネクト対応かつ、Bluetooth対応のスマートフォンに• スマートフォンなど機器の接続には機器付属のUSBケーブル(または市販のケーブル)が別途必要となります。 「見守り者」になるためには、事前の登録が必要です。

次の

‎「ダイハツコネクト」をApp Storeで

ダイハツ コネクト

ダイハツコネクトではご登録いただいたお客様情報をお客様へのお知らせなどを発送するために使用するほか、サービス提供のために使用することがあります。 SmartDeviceLinkとApple CarPlayに対応したアプリをディスプレイ上で操作することが可能。 ダイハツコネクトの機能 ダイハツコネクトはスマートフォンの接続が必須なサービスです。 設計および開発・生産をダイハツが行っているため先進技術「」を採用する。 車線逸脱抑制制御機能 走行中、ウインカーなしで車線からはみ出しそうになると、ブザー音とメーター内表示でドライバーに警告し、操作を促す。

次の

「ダイハツコネクト」がスタート、SDL対応ディスプレイオーディオも採用開始

ダイハツ コネクト

ご利用可能アプリ ナビゲーションアプリなど、カーライフを快適・便利にするアプリをご利用いただけます。 画像はすべてイメージです。 ステレオカメラを採用、歩行者対応や従来より作動速度域を拡大。 また、エアバッグの展開と同時に「事故・故障センター」へ「事故情報、位置情報、車両情報」などを自動通知する仕組みで、事故状況の説明も簡潔に可能となる。 コネクトサービスの利用のほか、車内におけるスマートフォンやタブレット端末などの使用による通信料金の負担を軽減する。 ダイハツコネクトとは、ダイハツ車の対応車種に搭載されたディスプレイオーディオまたはカーナビと、wifi・スマートフォンを接続することで、様々なアプリを連携することが可能になる機能です。

次の