ご 教授 いただく。 「教えてください」の敬語・「ご教授」と「ご教示」の使い方

「ご教示ください」の意味と使い方・「ご教授」との違い

ご 教授 いただく

「享受」とは、「与えられたものを受け入れ、楽しむこと」を意味する言葉で、相手から教わるという意味は含まれていません。 これも両者の視点の違いを反映しています。 >「ご教示下さい」の転訛、 「転訛」という言葉すら知りませんでした(汗) 確かに、『教示』が『教授』と混同された過程を想像しますと、意味が似ていたからというより、 発音が似ていたからという側面のほうが強いのではと感じます。 上司やクライアントなどとの日程調整で相手のスケジュールを聞きたいときも使うことが可能です。 <例文> ・経費申請書の書き方を、お手すきでご教示願います。 しかし、長期的にスキルを身に付けるために教えを乞う場面では、使用しても差し支えありません。 学問も体系化された知識と方法であり、技芸には美術・工芸・芸能などで物を取り扱うための方法も含まれるからです。

次の

「ご教示」「ご教授」の意味とビジネス時の「教えて」を表す敬語と例文

ご 教授 いただく

すなわち被尊敬者に視点のある「~くださる」は被尊敬者への敬意が強く感じられるのに対し、受益者に視点のある「~いただく」は受益者の側の感謝の意が強く感じられます。 どちらがよりへりくだった印象を受けるでしょうか? 私は断然『授けて下さい』です。 「誤用ではないか?」との指摘を目にすれば辞書で調べてみたりもするのでしょうが、 指摘したくても、使う側の心境までは断定できないとの理由から、 指摘することを面倒に思う方もいらっしゃるのではと考えます。 でも教示を教授と言い換えてしまうのはまだ一般化していないと思います。 日頃から自分の誤字脱字に苦しむ者です。

次の

「ご教授ください」と「ご教示ください」【意味・例文・使い方】|語彙力.com

ご 教授 いただく

しかし,今回は「教示」とすべきところに,本来は違う意味の「教授」という言葉を持ってきているわけです。 ビジネスシーンでよくある間違いのひとつ、誤変換に注意しましょう。 質問者様ご自身、教授はいまだ誤用かと思われているのに、教授を使うのは上記の考え方と相容れないと思います。 「教え示す」や「教え導くこと」を意味する「ご指南」と、「目的に向かって、教え導くこと」を意味する「ご指導」は類語ではあるものの、「ご教授」と同じ場面で使えるというわけではないため状況に応じて使い分けてください。 長期の取引がある場合や、教えてもらう内容によって使い分けていきましょう。 どのような相手にメッセージを送るのかを考えて、ご教授いただくという言葉を使います。

次の

「ご教示」の意味と使い方!例文や類語「ご教授」との違いも解説

ご 教授 いただく

技術やノウハウなど、幅広い分野に使えるので、ビジネスでも重宝する表現です。 「在庫の有無をご教示下さい。 そのため、住所や連絡先に関しては、「ご教示」という言葉よりも「お教えいただけますでしょうか」や「お伺いできますでしょうか」といった表現がおすすめです。 日本語と同様、「ご教授」だと、「lecture」のように学問や技能などを教え授けることを意味しているのでビジネスの場で適しません。 意味は似ていますが、対象が大きく異なるので、ポイントを抑えましょう。 それぞれが意味を持ち、使い分けがされている言葉だと思います。

次の

「ご教授いただく」の意味と使い方・「ご教示いただく」の違い・類語

ご 教授 いただく

「ご教授願います」を謙譲の表現に言い換えた例として「ご教授をお願い申し上げます」「ご教授いただければ幸いです」をあげておきましょう。 「ご教授ください」に比べると、より単純で教えてほしい項目が明確な場合に使う言い回しです。 ご教示いただく場合もご教授いただく場合も教えてもらうことには変わりがないので、ビジネスならはご教示と使い、専門的なことや学問的なことならばご教授という言葉を使うようにしましょう。 例文 ・研修をしたいので、都合のいい日程のご提示願います。 ただし、「ください」は強い表現なので、強制的なニュアンスととられる懸念もあります。 使用例として「書類の書き方をご教示願えますか」「先生のご教示を仰ぎました」「懇切丁寧なご教示を賜りました」などがあります。 自分の気持ちを楽にするためだけに、程度の低い質問をしたのではないか、ということです。

次の

「ご教授」と「ご教示」の意味と使い分け方

ご 教授 いただく

『示して下さい』は相手と同等な感じさえ受けます。 また、比較的長い期間に渡って教えてもらうという意味があります。 「ご指示願います」の意味と例文 「ご指示願います」の「指示」は、「それを指さし示すこと」「指図すること」などの意味があります。 「ご教示いただけますでしょうか」との区別がややこしいので気を付けましょう。 このように、まず「ご教示・ご教示いただけますでしょうか」という言葉を使う場合には、先述のように「なるべくピンポイント的な内容を教えてください」といった、比較的「浅い教授の旨」を示す意味的側面が見られます。 「お教えいただけないでしょうか」 先ほどにも登場した「教えていただけないでしょうか」の言い換えとなるこの「お教えいただけないでしょうか」という敬語表現ですが、この表現は「お教えいただけないでしょうか」という敬語表現よりもやや丁寧な表現です。 しかしながら、現在のネット社会では、教えをうけたい相手が専門的知識を持った方なのか、そうでないのか、 こちらから判断することは難しいと思うのです。

次の

「ご教授」の意味と使い方とは?類語「ご教示」との違いも解説

ご 教授 いただく

ご教授だけでなく、ご教示でもご指導でも相手に何かを教えて頂いたらお礼の言葉を述べるようにしましょう。 教え導くこと。 「教授」の意味は、 学術、技芸などを教えること。 例えば、ビジネスシーンなどのかしこまった場面で、やり方がわからないというときに質問したり、対処の方法について尋ねる場合など「知識や方法などを教えてください」という意味で使われます。 「ご教授ください」と「ご教示ください」の二つは、実は似ているようで、違ったニュアンスがあるんです。 すなわち「くれる」は物を渡す側に視点があり「もらう」は物を受け取る側に視点があります。 特にこの例では,主語が明確でないことが一因だと思われます。

次の

「ご教授ください」の意味と使い方と例文!「ご教示」との使い分け

ご 教授 いただく

「ご教授ください」も同様で「ご教授願います」等、書き言葉としてよく使われています。 関連記事• ネットではよく見かけますからね。 多分、言葉の間違いによって自分の発言そのものの信頼性がなくなるのでは、との恐怖があるからだと思います。 」 実際に教えてもらったことで目的が果たせた場面で使います。 その場合は、 ・teach ・show ・advise ・give advice などの動詞を使えばよいでしょう。 それぞれの意味や用法を正しく理解して、間違えのないように使用しましょう。 ビジネスで使い間違えることがありますので、明確な違いを覚えて、正しい方を使いましょう。

次の