オアシス ソリューション。 オアシスライフスタイルグループについて

オアシスライフスタイルグループについて

オアシス ソリューション

脚注 [ ] []. ) 設立 2017年6月 資本金 9,000万円 役員構成 代表取締役関谷 有三 取 締 役三浦 江里子 社外取締役児玉 博利(児玉税経代表社員) 社外取締役三原 邦彦(ビースタイルホールディングス代表取締役) 監 査 役綾部 眞人 顧 問重松 理(ユナイテッドアローズ名誉会長) 本社所在地 〒107-0061 東京都港区北青山1-2-3 青山ビル2階 連絡先 TEL 03-6365-0490(代表)/ FAX 03-6365-0493 TEL 03-6365-0490(代表) FAX 03-6365-0493 グループ会社. 「ワークウェアスーツ」を販売開始するときにも、知人のアパレル会社社長さんから、 「作業着なんて個人には絶対売れないよ」と言われましたし、長年業界にいる人からすると、 「あり得ない発想だよね」とは言われます。 さぞ不安もあったのでは? そうですよね……。 ただ、大きな話題になった反面、思わぬ反響もあって。 そういう意味では、新卒社員は、いつもフレッシュな視線を持ち込んでくれるのではないかと考えています。 難しいことは日常茶飯事でしたね。 そのなかでただただ、必死に手探りでやっているというか、すべてが「お客さまの声に応えるためにやる」——。 例えば、アパレル業界の常識では、毎シーズン新しいデザインの服を発表して、サイクルを回していくのが当たり前だけど、いち消費者としては「せっかく気に入ってたのに、廃番になってしまった」というのは、不便じゃないですか。

次の

関西初進出の商品多数!全国6店舗にて展開。スーツに見える作業着がアーバンリサーチで11月15日(金)より販売開始

オアシス ソリューション

——でも、中村さんが入社したときにはまだ春水堂はなかったんですね。 。 そこから何を学んで、何を改善できるのか、地道に繰り返していくしかないんです。 ローンチの際、プロモーションムービーを制作したのですが、賛否両論、SNSでいろんな意見をいただいたんです。 個人のお客さまにもお買い求めいただいていて、意外だったのはビリヤードの選手の方。

次の

会社概要|オアシスソリューション

オアシス ソリューション

ちょうどそのころ、人事としては、 なかなか若手の技術職の採用ができないという課題がありました。 そうですね。 作業着由来の機能性と着心地の良さを是非店頭でお試しください。 だから私たちは、「作業着スーツならオアシススタイルウェア」という圧倒的なブランドを築きたい。 当社では企画から商品開発して、販売するまでで3カ月くらいのスピードでプロジェクトを進めています。

次の

オアシスソリューション

オアシス ソリューション

東京へ進出したのも、関谷にはわりとミーハーなところがあって、「起業するなら東京で」みたいな感じだったみたいです。 もっと生活密着型というか、日々の暮らしにプラスアルファを与えられるような、地に足の着いたことがやりたかったんです。 人事部を立ち上げたときも、いち社員として解決したい課題があったからでしたし、いまは、ワークウェアスーツによって、着るものを変えることで、働く人たちの環境を変えていきたい。 水質・給水管材質・築年数により劣化状況は かわりますので、まずは現状を調べることが大切です。 レジデンスマンションなどを管理している三菱地所コミュニティさんから「管理員の制服として採用できないか」とお声がけをいただいて。

次の

オアシスライフスタイルグループについて

オアシス ソリューション

ただ、新卒社員でもみんな、「新規事業をやりたい」というモチベーションを持っていて、バイタリティもあるので、どんどん業務をまかせています。 アイロンをかける手間もかからないように、形状記憶素材で、伸縮性もあって……4回くらいサンプルを作っては、実際に着てもらって、改善して、2年かけてやっとできあがりました。 ——スーツをつくってくれる会社もイチから選んだのですか。 あと、サバゲーで使っている人もいるようです。 そうですね。

次の

オアシスソリューションとは

オアシス ソリューション

なるべく早く形にしてみて、失敗も受け入れつつ、どんどんチャレンジしていこう、と。 それで、人事として働くようになりました。 それで、実際に技術職の社員が着用して業務を行うようになったところ、 すぐに取引先から反響があったんです。 それともう一つ大切にしているのは、 スピード感。 は、水道、管工事関連を事業する企業で、現在はおもに給水管オゾン殺菌洗浄工法を扱う。 株式会社オアシスソリューション OASYS Solution Inc. ただ、人事部を立ち上げたときもそうでしたけど、先輩がいないから、社外で似たようなことをしている人に話を聞いてみて、とにかくやってみるしかないんですよね。

次の